投資

【初心者必見】『キャピタルゲイン』&『インカムゲイン』とは?【投資】

今回の記事は投資初心者の方必見の内容となっています。

『キャピタルゲイン』と『インカムゲイン』について基礎を解説していきたいと思います。

金太くん
金太くん
『キャピタルゲイン』と『インカムゲイン』って何?
投資を始めたばかりでよくわからないな~。

こんな悩みを解決していきます。

それぞれの

・概要
・特徴
・メリットやデメリット

を解説していきたいと思います。

特に初心者の方には役に立つ内容となっています。

 

『キャピタルゲイン』とは

まず初めにキャピタルゲインについて詳しく解説していきます。

まずは基礎的な部分から、特徴やメリットデメリットについても詳しく解説していきたいと思います。

 

『キャピタルゲイン』の概要

[概要]

キャピタルゲインとは資産の値上がりや値下がりによって収入や損失を生むことを指します。
「売却益」のことを指すので、資産を売却した場合にのみ収益や損失を生むのがキャピタルゲインです。

簡単に言うとキャピタルゲインとはこのような説明になります。

売却益で収益や損失を発生させるため、上がり下がりが激しい資産が多いです。

初心者の方などまだ投資に慣れていない人にはあまり向かない投資法です。

 

『キャピタルゲイン』の特徴はリスク度合いが大きいこと

概要の部分でも説明したようにキャピタルゲインでは、売却をした場合にのみ発生する「売却益」の事を指します。

その為、インカムゲインに比べリスクの度合いが高いのが特徴です。

キャピタルゲインは短期的又は中期的に変動する資産で得るため、「売り時」ももちろん「買い時」もしっかり見極める必要があります。

そこをおろそかにしてしまうと大きな損失を生んでしまう可能性もあるので注意しましょう。

リスクの度合いが高いことを念頭に置き売買を行いましょう!
あくまでも投資なのでギャンブルのようにならないよう注意が必要です!

 

『キャピタルゲイン』のメリット&デメリット

キャピタルゲインにはもちろんメリットがあります。その反面でデメリットも存在するのでしっかりと理解しておきましょう!

[メリット]

・大きな収入を得られる
・短期的に収入を得られる

キャピタルゲインでは大きな収入を得られること、さらに収益を短期的に得られるという2つがメリットと言えます。

株では稀に価格が急騰し「10倍、100倍」と値段が上がるものがあります。さらに、数か月や1年前後で急騰してしまう株も存在しています。

その株を低い値段で買い高い値段で売りぬくことが出来れば大きなキャピタルゲインを得ることが出来ます。

 

[デメリット]

・大きな損失を得る場合もある
・トータルで損失の割合が高い
・安定感がない

トータルで見た時に損失が大きくなってしまったり、安定感がない事がデメリットとしてあげられます。

メリットで話したように大きな収入を得られるということはつまり、損失も大きくなる可能性があることを意味します。

さらに、売却することでしか利益を得られない為安定的な収益は見込めない傾向が強いです。

 

『インカムゲイン』とは

次にインカムゲインとはどのようなものかを解説していきます。

キャピタルゲインとは大きく異なる点が多数存在しています。

違いも踏まえ詳しく解説していきます。

 

『インカムゲイン』の概要

[概要]

インカムゲインとは資産を保有しているだけで得られる収益のことを指します。代表なものでいうと、預金の利子や配当金などを指します。
また、不動産などの賃貸収入もこれに含まれます。

インカムゲインは資産を保有してさえいれば、基本的に無くなることのない収益です。

積み重ねていくことで大きな収益を生み出すので、長期的な目線での投資を考えている人には非常に向いています。

 

『インカムゲイン』の特徴はリスク度合いが低いこと

インカムゲインの特徴はキャピタルゲインの全く逆の性質を持っていることです。

キャピタルゲインではリスク度合いが高いとお伝えしましたが、インカムゲインではリスク度合いは非常に低いです。

資産を持つだけで「月々」や「半年」ごとに収益を得られるため非常に安定的であるといえます。

しかし、安定性がある分で収益性は低い傾向があるのも特徴です。

株式の配当金は景気により左右されることもあります。また不動産の賃貸収入も住む人がいなくなればもちろん0になってしまいます。
このようなリスクもあるので注意しましょう!

 

『インカムゲイン』のメリット&デメリット

インカムゲインにはメリットがあるのはもちろんデメリットも存在しています。しっかりと理解しておきましょう。

[メリット]

・収益の安定性がある
・継続することで大きな収益を得られる
・長期投信に向いている

メリットとしては安定感があることや、長期的目線で見た時に大きな収益を得られることがあげられます。

配当金などがいい例で、保有率を増やせばその分配当金額は上がります。

配当金を大きくするには”入金力かつ長期的継続”が大きなカギになってきます。

 

[デメリット]

・短期的に大きな収益は見込めない
・景気や状況により変動する

デメリットとしては短期的に大きな収益を見込めない事と、景気によって安定感を失う可能性がある点です。

基本的に資産を保有するだけで得られるものなので収益性は低い傾向にあります。また短期的には大きな金額になりにくいです。

また、景気後退が進めばもちろん企業からの配当金が減ってっしまう可能性はありますし、不動産も住む人がいなくなれば賃貸収入は0になってしまいます。

 

まとめ

今回は『キャピタルゲイン』と『インカムゲイン』について、概要や特徴、メリット&デメリットを解説してきました。

投資の初心者の方には断然『インカムゲイン』を得る投資がおすすめですが、どのように投資を行っていくかは人それぞれです。

しっかりと比較し自分に合った投資を行っていきましょう!

ABOUT ME
金太くん
「kintaro blog」の運営者の金太くんです! ・旅行のおすすめスポット情報やグルメ情報 ・実際に行っている投資の情報 ・現役アパレル店員が教えるファッション情報 などを発信していきます!